自分のペースを守って、楽な心で治療を進めていこう

うつ病の薬や傾向

うつ病に処方されるお薬の価格相場はどれくらいか

うつ病とは、頭の中でおこっている独断的な指示に対する体の拒否的な行動を意味します。うつ病は気合いで治る病気ではありませんし、無理に治そうと考えると以前よりも増悪する場合があります。特に初期のうつ病患者に対する接し方で禁忌とされている注意点やしてはいけないことがあることも理解しないといけません。近年ではうつ病はそんなにめずらしい病気ではなくなりました。初期の治療としては、精神科や心療内科での的確な投薬治療やリラクゼーションなどの休養を考えてあげることが接し方の一端として必要です。うつ病の治療には基本的には一種類のうつ薬が用いられます。また、時として抗不安薬や睡眠薬なども併用されることがあります。抗うつ薬の中には日本で認可がおりている薬にパキシル(SSRI)があり10mg錠で137円前後の価格が相場と考えます。ルボックス(SSRI)では25mg錠で50円前後との報告もあり参考にされています。

子供の性格変異との関連性と自殺増加傾向を考える

過去、ギリシャでのうつ病研究からメランコリーと名付けられたこの病気の接し方は非常に難しいものとされてきました。人間の体液は4つの成分からなり、バランスがくずれることによって病気がおこるとされています。過去の著名人の中にもうつ病と診断された方も多くおられたと言われています。また、うつ病患者の中には自殺者も多くみられる心の病であり、改善のために必要とされる周囲の方の接し方はとても大切な要素になります。以前は大人の病気としてあげられていましたが、現代では年齢層の低い子供が対象となってきています。特徴としては、イライラするとかキレやすいとかがあげられます。また、落ち着きがないというのもあります。最近の傾向としてはじめによる自殺行為も多くみられ、うつ病との関わりがあげられています。