自分のペースを守って、楽な心で治療を進めていこう

身も心も軽くなった気がする

うつ病を理解する

うつ病にかかった人が周りにいる場合、まずはうつ病に対しての理解が必要で、接し方にも気をつけることが大切です。特に家族がうつ病を患った場合は優しく接してサポートすることで回復させることができます。

かなり多い患者

世界的にみてもかなり患者が多いとされるうつ病は、これからも患者は増え続けると予想されます。このようにうつ病は身近にある病気なので、病気のことや患者への接し方を理解しておくと良いでしょう。

うつ病の薬や傾向

うつ病に対する薬はかなり多く開発されていますが、国によって使用される薬が異なります。うつ病は大人だけでなく子供も発症する可能性があり、接し方も難しいと言われています。

高まる理解

うつ病との接し方は非常にデリケートなので注意が必要です。どのような行動を取るべきかしっかり学んでおきましょう。

うつは、最終的に自分の力で立ち直らなければなりませんが、家族も友人もうつ病の時の接し方というのは非常に大事です。

患者さんとの接し方と治療方法

うつ病とは誰でもかかりえる病気で、病気への理解も今ではだいぶ高くなっています。 しかし、うつ病患者さんとの接し方についてはまだまだ正しい接し方がされていません。 患者さんの為にも正しい接し方を知っておきましょう。 まず、一番大切な接し方は病気のことを正しく理解し患者さんのペースでいることを認めてあげることです。 うつ病のときはどれだけ頑張ろうとしてもそうすることができません。 そして患者さん本人が一番そうしたいのに、出来ず焦ったり悔しい思いをしたりしているのです。 そのことを認め理解してあげてください。 そして、できれば患者さんが安心して休めるようにその環境を整え、一緒にいてあげてください。 治療と休息をするうちにうつ病は治っていきます。

うつ病治療の治療法ごとのメリット

うつ病の治療方法は様々でそれぞれの方法にメリットがあります。 まずは薬物療法です。 この方法はうつ病治療では最も一般的な薬による治療方法です。 多くの患者が利用しており一番信頼性の高い方法です。 次に認知行動療法です。 この方法も治療では一般的な方法でカウンセリングによる治療方法です。 この方法の利点はカウンセリングにより病気の根本的原因を発見し治療が可能なことと認識の変化によって再発防止が可能な点です。 3つ目に運動療法です。 運動療法は運動によって自然治癒力を高めつつ病気を治療していく方法です。 この方法単体で治療することはなく他の治療とあわせておこないます。 一番の利点はお金をかけずに治療期間を短くしていける点です。 それぞれ治療によってメリットが違います。 医師と相談の上病気の治療を行っていきましょう。

症状が重い時期は励ましは厳禁とされる

うつ病の方への接し方に悩む方は多いものです。 それは一見落ち込んでいるように見えるので、励ませば元気になると思い励ましてみた所、逆に落ち込んだという例が少なくないからです。 うつ病の方にしてみれば、そういった事が多過ぎてどんどん追い込まれる例があります。 うつ病には自殺を伴う危険な症状があり、接し方には充分な配慮が必要です。 特に症状が重い時期には励ましは禁物とされています。 その理由に、うつ病になる人はいわゆる頑張り屋さんが多く、その末の状態なのにまだ頑張れというのかという事です。 また、うつ病は心の風邪とも例えられ、どなたでもなり得る事で少し療養すれば改善し易いとも言われます。 うつ病の方を見られたら、今は疲れているのだとそっと休ませてあげる接し方が理想でしょう。 その際には見守っているという姿勢を伝えることが大切です。

時機を見て刺激や励ましが必要な事もある

うつ病の方の接し方に、励ましは厳禁といった事があります。 それは頑張って来た末の状態に、追い討ちをかける事からとされます。 しかし時機を見て、ある種の刺激や励ましが必要な事もあります。 その見極めは難しいですが、うつ病が長期化した時や社会との関わりが少ない場合などに、様子を見て試みるのも事態を好転させるきっかけになる場合があります。 ある例ではひきこもりの状態にあったうつ病の方が、災害時にやむを得ず地域活動に参加して、普段交流のない近隣住人の方から感謝されて事態が好転したという例です。 以降不安ながらも周囲のサポートで徐々に外出出来るようになり、積極的な社会参加への意思が見られるようになり、徐々に適応出来るようになりました。 うつ病の長期化は周囲に大切にされ過ぎてという例も少なくありません。 体も長期間休ませると廃用症候群といった体の機能が障害される状態になるように、心にもある程度の刺激が健康を維持する上で必要とも言えます。 主治医の先生ともご相談の上、時期を見て刺激や励ましを試みるのも大切な事でしょう。 その際には苛めや追い詰められていると感じないように、応援の気持ちを伝える事が大切です。

PICKUP

社会復帰する人に

うつ病は回復することも可能ですが、特に社会復帰する人に対しては周囲の理解や接し方が非常に重要なポイントになります。うつ病で長期休職していた人が復帰した時にはこれまで同様に温かく迎え入れてあげることが大切です。

read more

注意して接する

うつ病は心の病気とも言われるため、患者の人は周囲環境にも敏感に反応します。周囲の人は、うつ病患者に対してできるだけ話を聞いてあげることが大切で、接し方に注意する必要があります。

read more

Menu